小・中学生作品コンクール
トップページ 作品コンクールとは お問い合わせ
国語部門 社会科部門 理科部門 生活科部門 英語部門 パソコン部門 団体賞部門 顧問審査員特別賞 センバス・グループ賞

2017年度 第35回 全国小・中学生作品コンクール

顧問審査員特別賞 受賞作品紹介

特別顧問 竹下景子

 この賞は、部門の枠にとらわれず、感動的な作品、特に親子や兄弟の絆や愛・優しさが感じられる作品を対象に毎年選ばせていただいています。今回の受賞作品は、齋藤光伯さんの作文「じまんの弟」です。大好きな弟への想いがいっぱい詰まった、とても心が温まる作文でした。
 光伯さんへ
 光伯さんは本当に壮くんのことが好きなのですね。壮くんのミルクを作ったり、オムツを替えたりと、とても素敵ないいお姉さんですね。きっと壮くんも光伯さんのことが大好きなのでしょうね。これからも姉弟仲良くしてくださいね。
 お母様へ
 光伯さんの作文、本当に楽しく読ませていただきました。文章の端々から光伯さんの壮くんに対する愛情が伝わってきて、読んでいて本当に心が温まります。そして、作文の中にときどき登場するお母様もとても素敵です。家族への思いやりや愛情といった、いちばん大事なことを大切にしているご家族だろうことがうかがえました。これからも愛情にあふれた素晴らしい家庭を築いていかれることを願います。

※下線のある作品名をクリックすると、作品の内容が見られます。


   国語部門
 

じまんの弟

愛知県 愛知教育大学附属岡崎小学校 2年
齋藤 光伯

 

↑上に戻る

主催:子どもの文化・教育研究所

Copyright (C) 2016 child-lab.com. All Rights Reserved.