小・中学生作品コンクール
トップページ 作品コンクールとは お問い合わせ
国語部門 社会科部門 理科部門 生活科部門 英語部門 パソコン部門 団体賞部門 顧問審査員特別賞 センバス・グループ賞

2019年度    第37回全国小・中学生作品コンクール

顧問審査員特別賞 受賞作品紹介

特別顧問 竹下景子

 この賞は、部門の枠にとらわれず、感動的な作品、特に親子や兄弟の絆や愛・優しさが感じられる作品を対象に毎年選ばせて頂いています。
  今回の受賞作品は、上野龍明さんの「じいじはどんな気もちなの?」です。お祖父様のように認知症の方々が穏やかに安心して生活できるために、自分に何ができるかを考え、また行動した様子が手に取るようにわかりました。大切なご家族のプライベートを公開するのは相当な覚悟が必要だったことでしょう。よく決断してくださったと思います。
  また、龍明さんのお母様をはじめ、ご家族皆様の協力と支えがこの作品を説得力のあるものにしています。日々、お祖父様を見守り寄りそっていく生活の中で、龍明さん自身も家族の、そして社会の一員としてたくましく成長していきました。
  「認知症」という難しいテーマに挑戦したこの夏休み、子どもらしい素直な視点で素晴らしい作品が生まれました。私たち大人にも多くの示唆と感動を与えてくださったことに感謝するとともに、龍明さんのような青年がもっともっと増えていくことを心から願ってやみません。

※下線のある作品名をクリックすると、作品の内容が見られます。

生活科部門
 

じいじはどんな気もちなの?

山形県 鶴岡市立朝暘第三小学校 2年
上野 龍明

 

↑上に戻る

主催:子どもの文化・教育研究所

© 2007 child-lab.com.