小・中学生作品コンクール
トップページ 作品コンクールとは お問い合わせ
国語部門 社会科部門 理科部門 生活科部門 英語部門 パソコン部門 団体賞部門 顧問審査員特別賞 センバス・グループ賞

2018年度    第36回全国小・中学生作品コンクール

国語部門 受賞作品紹介

 本年度も、「自身の考えや意見がしっかりと述べられているか」「読み手に伝えるために重要な表現力や文章構成力が各学年に応じて身についているか」といった点に着目し、選考の基準といたしました。
 今年は作文と読書感想文を合わせて981作品の応募がありました。その中で、今回、選出した入賞作品は、どれも読み応えのある素晴らしい作品ばかりでした。その反面、基礎・基本が不十分で書けない、語彙力が貧困(思考が平板、浅い)、まとめられない(論理的な思考と表現力の不十分さ、構造化できない…)生徒が増えているとも感じています。小学生・中学生問わず、「て・に・を・は」の間違いや主語と述語が対応していないことなどで、意味が通じない作品が多くあったことが残念でした。作文と読書感想文には、やはり基礎的な国語力が根底に必要であると改めて考えされられました。

※下線のある作品名をクリックすると、作品の内容が見られます。

文部科学大臣賞
 

ぐらぐらさん

愛知県 愛知教育大学附属岡崎小学校 1年
池山 くるみ
子どもの文化・教育研究所
理事長賞
 

共生するということ

大阪府 大阪市立旭陽中学校 2年
村田 亜聡
一般社団法人 日本児童文芸家協会
理事長賞
 

わたしもおかあさんのこと

兵庫県 西宮市立南甲子園小学校 1年
大恵 朱実
中央出版株式会社
社長賞
 

ストップ食品ロス

佐賀県 成穎中学校 2年
谷川 あさひ
  
優秀賞
 

アンナとマーニーと私

大阪府 堺市立赤坂台小学校 4年
岡口 夢菜

希望をつなぐ種

静岡県 浜松市立湖東中学校 3年
鈴木 陽菜

生きていく上で

熊本県 熊本マリスト学園中学校 3年
冨田 七海

 

↑上に戻る

主催:子どもの文化・教育研究所

Copyright (C) 2016 child-lab.com. All Rights Reserved.