小・中学生作品コンクール
トップページ 作品コンクールとは お問い合わせ
国語部門 社会科部門 理科部門 生活科部門 英語部門 パソコン部門 団体賞部門 顧問審査員特別賞 センバス・グループ賞

2018年度    第36回全国小・中学生作品コンクール

社会科部門 受賞作品紹介

 今年の社会科部門は、ほぼ平年並みの283点の応募がありました。全体的な傾向として以下の2点のように感じました。
 一つ目は、昨年と同様、研究・調査の「見せ方」を工夫した作品が散見された点です。写真やグラフ、地図などを作成し、文字以外で伝えようと工夫を凝らしている作品が多く、大変わかりやすく読み応えがありました。せっかく皆さんが頑張った研究ですから、一人でも多くの人に伝わるよう、今後も読む人の立場に立った紙面づくりを心掛けてください。
 二つ目は、小学5、6年生から特に多くの力作が届いた点です。なぜ研究しようと思ったかのきっかけと仮説(こういう結果になるのではないかという予想)、仮説に対する調査結果と考察(結果から導いた自分の気づき、考え)まで、順序立てて分かりやすくまとめられていました。小学校低学年から磨いてきた調べる力、考える力の集大成といった作品が多く、審査が難航しました。
 毎年の研究を通して皆さんは、確実に力をつけています。来年もその力を思う存分発揮し、自分が抱いた疑問に向き合ってほしいです。反対に中学生は受賞作品がありませんでした。来年は中学生の皆さんだからこその気づき、行動力を活かした素敵な作品が届くことを期待しています。

※下線のある作品名をクリックすると、作品の内容が見られます。

文部科学大臣賞
 

「想定外」の衝撃!
迫りくる自然災害から僕達の命を守る学校防災教育に正面から向き合う被災地から学んだことを生かして設計・構築した【志津小学校版・独自防災教育カリキュラム】
~小学校6年間の自由研究の集大成として志津小学校へ残す僕からの提案~

千葉県 佐倉市立志津小学校 6年
横内 敬文
子どもの文化・教育研究所
理事長賞
 

これからも歴史をつむぐ大島紬

鹿児島県 鹿児島市立広木小学校 6年
大山 ひかり
日本社会科教育学会
会長賞
 

平和のバトン
~未来に笑顔の花を~

東京都 白百合学園小学校 6年
坂口 くり果
中央出版株式会社
社長賞
 

志津小学校の子ども達が自らの命を守ることができる体験型自然災害ハザードマップ
~志津小学校区をよく知り、地いきで発生する自然災がいから生きのびる~

千葉県 佐倉市立志津小学校 3年
横内 敬子
優秀賞
 

福生市と外国人について

東京都 福生市立福生第一小学校 4年
山口 莞奈

トレーダー体験
「おこづかいのふやしかた」

東京都 白百合学園小学校 5年
和田 桜子

登下校中の地震遭遇時における
決断と行動

愛知県 南山大学附属小学校 6年
池田 美咲

 

↑上に戻る

主催:子どもの文化・教育研究所

Copyright (C) 2016 child-lab.com. All Rights Reserved.