小・中学生作品コンクール
トップページ 作品コンクールとは お問い合わせ
国語部門 社会科部門 理科部門 生活科部門 英語部門 パソコン部門 団体賞部門 顧問審査員特別賞 センバス・グループ賞

2019年度    第37回全国小・中学生作品コンクール

理科部門 受賞作品紹介

 本年度は、応募数は昨年と比べて1割ほど減少しましたが、密度の高い研究が多くありました。特に、過去に行った研究を継続しているものは、前回までの反省や課題を活かしてより洗練された内容となっていました。中学生の作品は全体的にレベルが高く、中学生だからこそできる計算や考察、知識の活用がされていたものが印象的でした。
 例年同様、テレビなどで紹介された実験を再現した作品も多く見られましたが、なぜその実験を始めようと思ったか、実験結果からどう考えたかの掘り下げが弱い作品も多く、その点においては、考察をもとにさらに独自の追加実験をするといったオリジナリティのある作品が目を引きました。
 自分で実験をしなくてもインターネットで何でも調べられる時代だからこそ、身近にある何気ない疑問に目を向けて、自ら答えを探してみるとよいでしょう。大人も驚いてしまうような新たな研究を期待しています。

※下線のある作品名をクリックすると、作品の内容が見られます。

文部科学大臣賞
 

レーザー光でワイヤレス送電するためには

神奈川県 川崎市立中野島中学校 2年
風戸 柚輝
子どもの文化・教育研究所
理事長賞
 

秘伝のタレ(つぎ足し)は安全
なのか?~PART 3~

静岡県 裾野市立西小学校 6年
川合 唯月
日本初等理科教育研究会
理事長賞
 

光の色のちがいでヒキガエルの
性格はかわるのか?

神奈川県 茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校 3年
髙橋 二士
全国小学校理科研究協議会
会長賞
 

発芽の力グランプリ パートⅡ

東京都 港区立青南小学校 5年
橋本 龍之介
全国中学校理科教育研究会
会長賞
 

オウトウショウジョウバエの研究
パート2

茨城県 つくば市立吾妻中学校 7年
樋野 葵
樋野 遥
中央出版株式会社
社長賞
 

アサガオの発芽のなぞ2

神奈川県 茅ヶ崎市立香川小学校  3年
川端 郁人
優秀賞
 

トノサマバッタの食べ物

富山県 富山市立堀川小学校 3年
舩木 壮太

もう、「集中力がない」なんて
言わせない

東京都 白百合学園小学校 4年
木下 あい

夢をあきらめないで

愛知県 愛知教育大学附属岡崎小学校 4年
佐藤 萩

ゴム動力プレーンの研究
~目指せぼく史上最長飛行機~

神奈川県 茅ヶ崎市立鶴が台小学校 6年
川瀨 貴翔

 

↑上に戻る

主催:子どもの文化・教育研究所

© 2007 child-lab.com.